紫外線殺菌の効果について

この記事をシェアする

目次

1.紫外線とは
2.紫外線殺菌の主な7つの特徴とメリット

1.紫外線とは

紫外線は電磁波の一種です。電磁波には紫外線の他にX線・可視光線・赤外線・電波などがあります。(図1参照)
このうち100〜400nm(ナノメーター)の波長範囲を紫外線といっておち、さらにこの光の波長の短い方から長い方へUV-C、UV-B、UB-Aの3つに分けられます。(図2参照)

電磁波(図1)
紫外線(図2)

 

2.紫外線殺菌の主な7つの特徴とメリット

DNライティングは、30年以上、無菌化に向けた紫外線殺菌ランプ(UV殺菌灯具)を製造している紫外線殺菌ノウハウや製造技術においては老舗の一社と評価いただいております。
紫外線殺菌は、主に7つの特徴とメリットを有し、菌の不活化に寄与します。

1.ほとんどの菌種に有効である。
2.対象物の品質変化が少ない。
3.常温で殺菌できる。
4.薬品と比較して二次汚染がなく、二次処理の必要がない。
5.取り扱いが簡単である。
6.短時間の殺菌・消毒が可能。
7.ランプ寿命が長く、殺菌コストが安い。

DNLの紫外線ランプや灯具(日本製(神奈川県平塚市で製造)が、消毒や殺菌の効果やメリットを発揮しているのは、主に、医療介護分野と食品/飲料分野です。また、学校、レストランホテル、農業水産畜産分野、薬用理美容、電気電子分野、環境浄化分野など多岐にわたっている点が特徴です。

 

 <医療/介護>

・医療実験器具の殺菌
・手洗水の殺菌
・病院設備・機器の殺菌
・空調機器・ダクト内殺菌
・院内の感染の予防
・純水・蒸留水の二次汚染防止
・白衣の殺菌

 <食品/飲料>

・ビン・容器・包装材料の殺菌
・製造設備の殺菌
・原料水・洗浄水の殺菌
・飲食機器の殺菌
・冷蔵庫内及び設備什器の殺菌
・排水の殺菌 

 <レストラン/ホテル/厨房>

・厨房の殺菌
・調理機器の殺菌
・洗浄水の殺菌
・貯蔵庫内の殺菌
・寝具の殺菌
・生鮮食品の鮮度保持 

 <学校/その他>

・歯ブラシの殺菌
・給食室の殺菌
・プール水の殺菌
・風呂水の殺菌
・温泉水の殺菌

 <薬用/理美容>

・容器・包装材料の殺菌
・原材料の殺菌
・製造用水の殺菌
・包装ルームの殺菌 

 <電子工業>

・超純水・超々純水の殺菌
・COD・TOCの低減除去
・クリーンルームの無菌化
・無塵衣の殺菌
・UV /オゾン精密光洗浄
・高分子材料の表面改質 

 <農業/水産/畜産>

・養魚用水の殺菌
・洗浄水の殺菌
・飼育舎の殺菌
・空調機器・ダクト内殺菌
・動植物の細菌汚染防止

 <環境浄化>

・河川・湖沼・下水放流水の殺菌
・藻類の殺菌
・CODの低減除去

【紫外線殺菌について】

食品工場をはじめ、水産業、エレクトロニクス産業や医療分野まで、紫外線殺菌は取扱いの簡単さと二次汚染がなく、二次処理の必要がないことなどの様々なメリットから、幅広い分野で注目を集めている殺菌方法です。 殺菌力の優れた高品質の紫外線ランプや安定器、装置、制御盤等を製造・販売しております。
>詳しくは、DNL紫外線殺菌WEBサイトをご確認ください。


【お問い合わせ・ご相談】

紫外線殺菌に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いいたします。 

この記事をシェアする

カタログCATALOG

LED総合カタログ

LED総合カタログ

PFSH

PFSH

MINI RAIL SPOT

MINI RAIL SPOT

FXH-LED

FXH-LED

PFS

PFS

タグTAG