「細い」LED照明が活躍する場面とおすすめの商品とは

この記事をシェアする

従来の照明よりも省スペース・低発熱・長寿命で利用できるLED照明は、その自由度と取り回しの良さからさまざまな商品が開発されています。

ただ、選択肢が豊富にあることで、デザインの自由度は上がるが、一方では店舗やオフィスに設置する照明器具の選択が難しくなっているのも間違いありません。

そこで今回は、数あるLED照明の中でも「細い」タイプのLED照明はどのような場面で活用できるのか、一般的な照明と比べた場合にどういったメリットがあるのかをお伝えします。

目次

1.LED照明は商品によって形も細さも大きく異なる
2.細いLED照明の活用方法
3.従来の商品より細いLED照明を選ぶメリット
4.細いLEDではなく従来の照明を使う場合のデメリット
5.狭い場所におすすめの細いLED照明
6.まとめ




1.LED照明は商品によって形も細さも大きく異なる

業務用で使われているLED照明は、以下の通り非常に種類が豊富です。

 ●テープライト
 ●LEDモジュール
 ●ライン照明
 ●ダウンライト
 ●スタンドライト
 ●シーリングライト

 など

LED照明は商品によって形も細さも大きく異なる

また、同じ電球タイプのLEDでも、口金のサイズが違ったり形状が違ったりします。 さらに、LED照明を提供しているメーカーによってデザインや明るさも違うため、大量に存在するLED照明の中から自店舗やオフィスに合ったものを見つけるのは決して簡単なことではありません。

サンプルを取り寄せて店舗デザインに合うかどうか試してみるとしても、時間は有限です。限られた時間内で店舗やオフィスの照明を入れ替えたいと思うなら、個人で悩むよりも照明や店舗設計のプロに意見を聞いてみることをおすすめします。

 

2.細いLED照明の活用方法

細いLED照明の活用方法
細いLED照明の活用方法

間接照明として使う

スリムタイプのLED照明を使う際、便利なのが間接照明としての利用です。細身のLED照明なら、壁際に照明を並べるだけで天井や壁をライトアップできます。
また、スリムタイプのLED照明は連結できるようになっていたり、ある程度のサイズで発注できたりするものもあるため、空間の広さに合わせた長さの照明を設置できます。また、必要最小限のスペースで間接照明を導入できるので、お客様用のスペースや通路を圧迫してしまう心配もありません。設置のしやすさは、細いLED照明を利用する大きなメリットです。

 

細いLED照明の活用方法
細いLED照明の活用方法

棚下・階段下などに利用する

場所を取らない細身のLED照明は、商品を展示している棚下や手すりの下部、階段の下といった非常に狭いスペースにも設置可能です。フレキシブルなテープタイプなら曲面に合わせて設置できるため、好きな場所を照らせるでしょう。棚下照明は天井照明が届きづらい箇所の商品を目立たせるのに最適ですし、階段下や足元灯は安全性の確保と動線の整理にもつながる実用的なアイデアです。普段から照度を落として営業している店舗であれば、細いLED照明を使うことで動線の混乱を避けられます。

 

3.従来の商品より細いLED照明を選ぶメリット

一般的な照明よりも細身のLED照明を選ぶメリットは、存在感の薄さです。シャンデリアなど、見せることで華やかさを演出する照明と違って、間接照明では光源を見せないことでおしゃれさや広がる光の柔らかさを演出しています。

その点、細いLED照明は照明本体をお客様から見えないように設置しやすいです。また、細さを活かして同じ場所に複数の照明を使ったり、狭いスペースに設置したりできるのもポイント。間接照明を利用するなら、製品ごとの照度の確認は必要ですが、積極的に細いLED照明を利用しましょう。

4.細いLEDではなく従来の照明を使う場合のデメリット

照明設計の自由度が低い

蛍光灯や電球といった従来の照明を使うデメリットは、設置箇所が制限されてしまうこと。 従来の照明だと、一定以上ライトを小さく細くしたり、階段の手すりのように曲がった部分に沿わせたりするのが困難です。取り回しの良さや柔軟性に関しては、細いLED商品の方が優れていると考えても良いでしょう。

また、従来の照明は100Vや200Vの電圧で使用するものが多いです。入力電圧が高い分、ショートしたり感電したりする恐れがあるため、設置場所を良く考える必要があります。

LED照明は商品によって形も細さも大きく異なる

 

狭い場所に使うのが難しい

蛍光灯にも細身のタイプがあるものの、サイズでいえば圧倒的にLEDライン照明などの方が細く薄いです。そのため、従来の照明は壁際や家具の裏といった狭い場所での利用に向きません。そのほか、従来の照明は光源部の熱が高いのもデメリット。

商品との距離が近くなる棚下ライトなどに使うなら、発熱量の低いLED照明を選びましょう。

 

5.狭い場所におすすめの細いLED照明

弊社が取り扱っているLED照明の中で、狭い場所への設置に向いている商品の一つが「FX50-LED」です。フレキシブルタイプなので柔軟性も高く、複数の照明を連結して使えます。

また、5センチ単位で切断しても利用できるほか、可能な範囲での長さで注文も可能です。使用する直流電源装置は別置きで出力が24Vと低電圧なので、万が一トラブルがあっても感電のリスクが低いというメリットもあります。

 

6.まとめ

従来の照明よりも細いLED照明は、設置場所を選ばず狭い空間や棚下、壁際などの閉所でも使える便利なアイテムです。 ただし、同じテープタイプやライン照明の中にも、明るさや調光機能の有無といった差があります。

やみくもに照明器具を探しても好みや目的に合うものを見つけるのは難しいので、まずは照明の特徴を深く理解している照明メーカーを訪れて、アドバイスをもらいながら実際の商品を見てみましょう。

【お問い合わせ・ご相談】

お問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いいたします。

この記事をシェアする

カタログCATALOG

LED総合カタログ

LED総合カタログ

くりんクリン

くりんクリン

FXYシリーズ

FXYシリーズ

XC-LED2

XC-LED2

SFL

SFL

PFSH

PFSH

MINI RAIL SPOT

MINI RAIL SPOT

PFS

PFS

タグTAG