2020年以降のホテルデザインを探る

2020年以降のホテルデザインを探る

Speaker:UDS 中原典人氏
モデレーター:月刊「商店建築」副編集長 車田創氏

車田:本日は「2020年以降のホテルデザインを探る」というテーマで、UDSの中原典人氏にご登壇いただきました。前半に中原さんが手がけられた3つのホテルをご紹介いただき、後半は図面をみながら細かいプランニングについてお聞きしていこうと思います。中原さん、よろしくお願いいたします。

CASE-1沖縄県宮古島
「the rescape(ザ・リスケープ)」

概要

中原:立地は沖縄県宮古島で、リゾートホテルになります。41室の大半がヴィラ棟になっていて、各部屋の前に専用プールが付いています。ちょうど目の前にビーチがあります。こちらが全体の概要なのですが、レセプション棟を中心にその両側にヴィラやコテージが並びます。敷地の一番奥には共用のプールテラスもつけています。レセプション棟の2階にはレストランが入っています。背後を原生林に囲まれ、目の前がビーチという自然に包まれたロケーションになっていて、道路からもよく見えないため、隠れ家のような雰囲気です。車でアプローチを降り、宿泊する客室それぞれに駐車できるようになっています。


続きはこちらから

あなたにおすすめの記事