ごんどう皮膚科

ごんどう皮膚科

皮膚科と美容診療を併設したクリニック
廊下と待合室をかねた通路には、ダウンライトなど主要な照明はなくカーテンボックスの中に間接照明を入れ、書棚にも間接照明を配置し明るさを確保している。ベース照度を保たれるとともに、曇天時及び夜間はカーテンを明るく照らし、視覚的照度が確保されている。またこの光は、地域のシンボルになるように計画されており、外部からの見え方として、建物の輪郭がうかびあがるよう配置されている。
診療室入口、三方枠上部にFL-LED2を配置して扉に書かれたサインを照らすとともに入りやすさを強調している。 

器具 | SC-LED
手法 | カーテンボックス間接照明
器具 | SC-LED
手法 | カーテンボックス間接照明
器具 | FL-LED2
手法 | 扉間接照明
器具 | FL-LED2
手法 | 棚照明

エントランスホールを兼ねた通路となる1階部はライン照明を施すことによりその動線を強調している。また眩しさを軽減するため低輝度となるLEDシームレスを使用している。 

廊下
器具 | SA-LED
手法 | ライン照明

建築設計:山口修建築設計事務所
照明計画:LIGHT・PLAN 山本博之
撮影:石井紀久(石井写真事務所)

あなたにおすすめの記事